メインイメージ画像

求人広告の中には特殊な職業である占い師も募集している

世間には色々な仕事があり、求人広告には、多様な種類があります。それは職によって分類する事ができるのですが、その1つは占い師です。その職業の場合、別の場合と比べるとかなり特殊になります。まず収入に関する記載が、非常に特殊になっている事が多いです。占い師という仕事は、たいていは出来高制になります。つまり占い1件あたり幾らなどの給料体系になっているケースが多く、月給が採用されている事はほとんど無いのです。

ちなみに正社員の占い師の求人もあるのですが、それは大多数が出来高制になります。歩合という表記になっている事もあります。

アルバイトの求人の場合は出来高制も多数ですが、時給の求人も比較的よく見られます。バイトの時給は占いの会社によって様々ですが、基本的には1000円以上で設定されている事が多いです。また占い師の求人は、電話にも特徴があります。その占い師という働き方の例は、自社オフィスで勤務する事案は少ないのです。

自社オフィスというよりかは、むしろ電話で占いをすることが多く、自宅で勤務などと表記されている事が多々あります。このため占い師として働くとなると、絶対に電話が必要になります。

また占い師の求人は、勤務時間にも特徴があります。基本的に大抵の会社は午後の時間帯になっている事が多く、求人広告に午前中の時間帯が記載されているケースはほとんどありません。概ね全て会社は午後から真夜中が主な勤務時間になるからです。

それと資格の欄ですが、占いにおける資格などは求人広告に掲載されていないことが多いです。

多くの求人では未経験でも問題ないと記載されていることがほとんどで、比較的デビューしやすい職業の1つです。ただし広告によって、数年間の社会人経験が必要になる等と記載がされている事もあります。ですから占い師の会社によっては、いわゆる社会人経験が求められるという訳です。このように占い師の求人は、全般的にやや特殊です。特に成果給や勤務時間が、他の職種とは大変異なります。